読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

62.<秘密のアイコンタクト>

地下鉄構内の出口から外に出て、そのまま斜め後ろのビルに入ろうとしたらビルの隣の喫茶店から若い女性が出て来た。俺はビルに入ろうとしていたのだが女性の方は喫茶店から出てきた自分(女性)に男(俺)が近づいてきたと判断した様子。ということで俺の目…

61.<午後のドタバタ健康診断>

破裂しそうな膀胱を押さえながら健康診断の受付に到着。救われたような思いで「分かりました分かりました!」と説明もそこそこに検尿用の紙コップを持ってトイレにダッシュ。「…危なかったぁ~」とスッキリした顔で50㏄の澄んだ尿を提出すると、休む間もなく…

59.<乙女座月間>

山羊座と相性がイイことで知られる乙女座だが、俺の人生に限っては特に友人、知人にやたらと「乙女座」が多い。8月下旬からしばらくはそんな乙女座たちが続々と誕生日を迎える時期。あの子が誕生日と思ったらもう次はアイツ。井上陽水、松ちゃん(ダウンタウ…

58.<世も末>

八百屋には場違いなほどツケ毛とツケマツゲの凄まじい20代の女性がスマホ片手に春菊と小松菜のどちらにしようかを悩んでる。ワンワン!となつかれる俺はさっきから八百屋の隣につながれた柴犬に夢中でとてもケバケバしい女性どころじゃない。世も末だなあ…

57.<鳥山明もイヤなんだろうな>

東映、バンダイ、フジテレビ…「社員にも家族がいるんです」経営状態はご存知の通り、しかしながら子供の進学、家のローン、親の介護費用などもありますし、今の内にもう一本映画を制作してグッズやゲームに反映させたく思い…、申し訳ございませんが!って何…

56.<感動ポルノにご用心>

耳の不自由な障がい者と長らく仕事をしていた。彼は生まれながらに耳が聞こえにくくそのため人との会話もおぼつかない。しかし仕事は俺たちと同じようにこなし一緒にいて不便を感じたことは一度もない。だからもし彼が一生懸命「歌」の練習をして俺たちに披…

55.<狭い>

(ガヤガヤ、ガヤガヤ…)「じゃあ、それで調べてみますね」…あっ、はいお願いします、と言ったはいいが、実際良く聞こえてない。(ガヤガヤ、ガヤガヤ…)そもそも両隣で対応してる職員さんたちも声もデカすぎて仕切りのボードがなんの意味もない。 そういう…

54.<神3(スリー)>

あの歌い方は怖いなあ…と思っていたらやはりその歌い方のミュージシャンが「喉」を破壊。こちとらアマチュアではあるが、7年間、毎週歌い続けているので喉に関する知識だけは一丁前だったり。喉も胃や肝臓の器官と同じ人よりも乱暴に使い続ければ人よりも早…

53.<マナー違反>

いつものように楽器屋さんでピアノを弾こうとすると馴染みの高級ピアノの前に椅子がない。仕方がないので別のピアノの前に座りしぶしぶ鍵盤を叩く。しかし休日のせいか家族連れが多いためどうしても人目が気になる。「移動しよ…」全然集中できないために値段…

冬生まれ、点滴ののち引き続き「療養中」

おい、秋どこだ秋…!

冬生まれ、現在ダウン中。

も、猛暑の野郎…。

52.<記憶>

「あっ、お久しぶりです~」とライブ会場の受付の女性が当たり前のように挨拶してきたのだが一体誰だかわからない。「2年ぶり…ですよね?」どうやらどこかのライブ会場で一度会ったらしいのだが全く記憶にない。2年ぶりて…。危険を回避するメスの防衛本能が…

51.<アフリカ人女性>

うだるような暑さの中、あまり冷房の部屋でじっとしてるのも良くないと思い朝からショッピングセンターの近くまで散歩。すると前方に出勤途中なのか、バッグを肩にワンピースを着た小太りの「アフリカ人女性」を発見。博多は今やアジア人だらけだが、アフリ…

50.<リオデジャネイロ五輪>

連日、リオ五輪に大興奮。我が国のお家芸、柔道の復活に「よしよし」と師匠のごとくうなずき、水泳、体操の金メダルにも大きな拍手。ふがいない陸上の中・長距離選手たちには「二度と応援しねえよ!」飛行機代自分で出して帰って来いと腹を立て、卓球女子団…

49.<電気代>(シリーズ⑫)

「電気代が高い」と陽気な博多っ子『光広』さんが泣きついてきた。バツイチで一人暮らしの光広さんはとにかくお金のやりくりがヘタ。なぜか電気代がひと月7500円も引き落とされるという。 「マジで?」「みんなに聞いたら2000円前後とか言いよるやないね!」…

48.<テレビの生中継>(シリーズ⑪)

5月のゴールデンウィーク明け。「え?俺?テレビに映ってたんすか?」博多どんたくの生中継に映っていたと陽気な博多っ子が『光広』さんが興奮気味に言う。「国道沿いで拍手しよったろうが(笑)!」ありゃ?って俺はもうテレビに釘付けになって見とったとば…

47.<メガネ>(シリーズ⑩)

陽気な博多っ子『光広』さんが新調したメガネを見せびらかしてきた。「そう言えばメガネ屋さんで働いてたとか言ってましたね、昔」メガネにだけは詳しいとよ、いくらしたと思う?「5万円ばい」凄かろうが!と光広さん。しかし普段からメガネをしない俺にはい…

46.<禁煙>(シリーズ⑨)

「禁煙したばい」と陽気な博多っ子『光広』さんからニコやかに報告があった。「すぐヤメられたばい!」 スゴイッすねえ、やれば出来るじゃないですかぁ。簡単簡単、ご飯が美味しか~!と光広さん。ヤメられん奴はアホッたい!もう一箱500円ぞ、もったいなか…

45.<オジーサン>(シリーズ⑧)

陽気な博多っ子『光広』さんがネパール人のアルバイトくんたちに「オジーサン」と言われて憤慨しているという。「なんがジイさんか!俺ぁまだ59歳ばい」どうしたの?あいつら俺を片言の日本語で「オジーサン」「オジーサン」言うてバカにするとばい!「確か…

44.<アビーロード>(シリーズ⑦)

陽気な博多っ子『光広』さんに誘われて 誰もいない3階のロビーについていく。「なんすか、こんなとこ連れてきて」すると黙ったままの光広さんが持っていた汚ねえ紙袋からおもむろにビートルズのレコード『アビーロード』を取り出した。「うわあ~、これっす…

43.<純粋そうな人>(シリーズ⑥)

2週間に一回、職場にとてもキレイな女性が来るようになった。「41歳で独身らしいばい!」と、荷物を受け取りに来るそのマドンナに目を付けたのが我らが59歳の陽気な博多っ子『光広』さん。光広さんもバツイチなだけに仲良くしたいのは分かるのだが…「迷惑で…

42.<デカい話>(シリーズ⑤)

陽気な博多っ子『光広』さんが大事な話があるという。「なに?大事な話って」後で言うばい、帰らんでよと光広さん。仕事辞めるのかな?再婚するとか?…まさかな。そろそろ退勤の時間。タイムカードを押そうとすると事務所に光広さんがいる。あっそうだ、ねえ…

41.<パンク>(シリーズ④)

59歳の陽気な博多っ子『光広』さんは自宅の大野城市から職場の博多区までの8キロを自転車で通勤している。「アホっすね」なんがアホか!夜勤は電車がなかけん仕方ないとよ、と光広さん。でも大野城から博多まで自転車で来る人なんか福岡に一人もいませんよ。…

40.<わっ>(シリーズ③)

職場の陰に隠れて「わっ」と驚かすとぎゃあああ~ッ!と陽気な博多っ子『光広』さんは飛び跳ねて驚いてくれる。静かな夜勤だけに成功率は高い。なんしよっとか、ビックリするやないね!と光広さん。「ごめんなさい、ついつい」そして翌日。またしても職場の…

39.<チャゲの同級生>(シリーズ②)

陽気な博多っ子『光広』さんはチャゲの同級生だという。「ウソでしょどうせ」こら~っ!どうせてなんね!チャゲは中学の同級生ばい。「何の目的でウソついてるんですか!」ウソやなかって!中学の卒業アルバム持ってきてもいいばい?じゃあチャゲさんってど…

残暑お見舞い申し上げます。

休暇中。

38.<されど憎めぬ博多っ子♪>(シリーズ①)

サッカーが盛り上がる時期になると59歳になる同じ職場の博多っ子『光広』さんは「日本勝てると?」「日本勝てるとね?」と決まって俺にあれこれ聞いてくる。そこまでサッカーに興味はないが世間の話題についていきたいらしい。「不純やなあ…」いいとよ、日本…

37.<感動>

初対面からダメな人がいる。どこか言葉の端々にトゲがあり、低姿勢で挨拶する自分にバカにするなよ、みくびるなよという態度を全面的に示してしまっている。きっと人間関係で嫌な思いをしてきたんだろうなと、ある程度の事情は推測できる。しかし人間関係で…

36.<断水>

朝起きたら水が出ない。管理会社に問い合わせたら「申し訳ございません、9時から17時まで断水です」聞いてねえよ…と思いながら電話を切った休日の朝。外は猛暑の7月下旬。とにかく汗を掛けないため朝から冷房を入れる。が、やはり少しずつ汗をかく。早くも顔…

35.<東京都知事選、そして…>

7月下旬。近所を歩いてると駅の方からスピーカーで演説する声が聞こえたのでおっ、都知事選か?と思ったが違う違う!「ここ博多だ…」。連日、下馬評で優勢なのはこの方、劣勢なのはと、都知事選にまつわる話題が報道される中、やっぱりなあ、どうしようかな…

最近の山羊座

気が付いたら トウモロコシばっかり食ってる。

34.<ASKAが動くと…>

ASKAが動くと友人は『俺』を思い出す。ASKAが入院した時、ASKAが逮捕された時、 ASKAがブログを始めた時、高校時代からの友人は特にチャゲアスファンだった俺のことを真っ先に思い出すという。久しぶりに会う友人が、やはりASKAの一連の騒動で「大丈夫か?」…

33.<ポケモンGO>

大きな公園に来たついでに 今流行りの『ポケモンGO』を起動。さっそくモンスターが出現したのだが、「ちょっと待った」モンスターより緑の大木を流れるアリの群れに目が行く。博多の公園のアリってデカいんだな。「まあいいや、ポケモンだ」と、思ったら今度…

32.<頭痛>

頭痛がする…。カーテンを開けるとやはり曇り空。「やべえ」頭痛持ちだけが知る夏の苦しみが気圧の変化による『頭痛』。夏は「通り雨(低気圧)」や「冷房」など、気圧があちこちで変化するため頭痛持ちにとっては魔の季節。猫背と肩こりをセットで持つ俺なん…

31.<キン肉マン>

「キン肉マン、あったね(笑)」と、珍しく井手さんが話し掛けてきたので「読みました?」と聞き返した。俺と井手さんが利用する更衣室のロッカーの上に紙袋に入れたキン肉マンの単行本が置いてある。いや、人のだから読んじゃいけないと思って、でもチラッ…

30.<体重計>

体重計を購入。さてさて何キロだろ。「…67キロ」。高校時代から変わってないから全然面白くない。ご飯を食べる、…さあ体重計。おっ、1キロ増えた。食べて飲んで1キロか。オシッコにいく、…さあ体重計。おっ、200グラム減ってる。コップ一杯分のオシッコか。…

29.<去年の俺>

7月の博多はメッチャ暑い。熱帯夜って何度からだ?「…25度か」ってことはもう冷房だ。俺の冷房の開始基準は熱帯夜だよ。快適な睡眠を妨害されることほど生きててイヤなことはないんだから。ところで冷房のリモコンがない…。壁か!壁に張り付いてやがる。去年…

最近の「山羊座」

古いをベッドを処分。 イスも処分。 ギターも処分…。 人間関係しかり あっさりサヨナラするところが 自分らしい。 youtu.be

28.<人生>

ドラッグストアに入ると連休中のお客さんを狙ってかいつもより色んな商品が割引になっている。せっかくだったのでカロリーメイトの他に歯ブラシやバファリンなどまとめて買っているとやはり合計金額が普段より「100円くらい安いかな…」。ところが、チャリー…

27.<セブンイレブン>

「セブンイレブンにいるんですよね?」だったら横の道を入ってくればいいだけ、と言うがどう入っても民家で行き止まりになる。病院側もさっきからセブンイレブンを連発するばかりでもっと他に手掛かりはないのか。そもそも改修工事で移転してるならホームペ…

26.<わんわん>

スーパーから出て駐輪場に向かうと俺の自転車の隣にチワワがつながれている。その周りを2歳くらいの女の子が「わんわん!」「わんわん!」と飛び跳ねながら触ろうか触るまいか迷っている。と思ったら自転車にカギを差す俺のところに来た。どうした?「わんわ…

25.<ポスト>

カバンを開けたら4枚のハガキが見つかった。なんせ3日間出し損ねてたハガキだけに今日こそは、と「ポスト、ポスト、ポスト…」忘れないように呟きながら駐輪場を出る。「ポスト、ポスト、ポスト…」博多のくせになかなかない。あった!と思ったらコカ・コーラ…

24.<木綿のハンカチーフ>

楽器屋さんでピアノを弾いていると子供用の電子キーボードを選ぶお父さんが店員さんを呼んで「ああでもない」「こうでもない」と商品について色々相談し始めた。困ったことに二人のいる位置が俺の真後ろなもんでさっきから俺のピアノが二人にとってのBGMにな…

最近の「山羊座」

暑さにやられる。 頭痛、腹痛、日焼け痛。 疲れが内からくる季節。 うう…。 youtu.be

23.<夏の参議院選挙>

夏の参議院選挙の投票所まで歩いているとまだ朝7時半なのになかなかの汗をかいた。ようやく投票所のある学校の体育館に辿り着くといつの間にか右腕を蚊に刺されている。やれやれ…、と体育館に入り、投票を済ませて外に出ると止まっているタクシーに4人のおば…

22.<小汚いデブ?>

「小奇麗なポッチャリ」さんには程遠い40歳ほどの小汚いデブの親父が床に置いた買い物かごに10枚近いTシャツを放り込んだままTシャツコーナーの前を陣取って一向に動かない。店内は寒いくらい冷房が効いてるのにダラダラ汗をかき、額から首にかけてハンカチ…

21.<ギター>

買うつもりもないのに店員さんはやたらグイグイ攻めてくる。だいたいどんなギターがあるのか、ちょっと見に来ただけ、という俺の言葉を聞いてなかったのか、「最近は4万~5万円の奴でもインドネシア産でいいのが出てましてね」とと、いつの間にかチューニン…

20.<チラシ配り>

アルバイトのお姉さんが地下鉄の構内で一生懸命チラシ配りを頑張っている。受け取ろうか迷っていたら、向かいからくる通行人のオバアちゃんがお姉さんのチラシを受け取るや否や「ちょっとごめんなさい、この辺に…」とそのまま彼女に道を尋ね始めた。やや拍子…

19.<結婚はしない>

結婚はしない。子供もいらない。今を生きることで精一杯。家賃も高い。税金も高い。お金、お金で身動きも取れない。40年近く生きてれば大体あきらめもついてくる。「間もなく我が国は世界一の超・高齢化社会へと…」知らないし。東南アジアに助け求めりゃいい…

先週の「山羊座」

会う女性がみんな俺に笑顔だった。悩みのドン底にあるもんな。 母性本能をくすぐる表情してたのかな…。 youtu.be