読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

23.<夏の参議院選挙>

夏の参議院選挙の投票所まで歩いていると
まだ朝7時半なのに
なかなかの汗をかいた。
ようやく投票所のある学校の体育館に辿り着くと
いつの間にか右腕を蚊に刺されている。
やれやれ…、と体育館に入り、
投票を済ませて外に出ると
止まっているタクシーに4人のおばさま方が
「お待たせしました~」と次々に乗り込んでいく。
初乗り560円。
…なるほど、目的地が同じで
距離も2キロ以内と分かってて
人数も4人なら
タクシーを利用した方が全く賢明。
こちとら投票所からまた1キロ以上歩いて帰り、
汗でビショビショのシャツを洗い、
蚊に刺された箇所には薬を塗らなければならない。
「考えたなあ」と思ったその時、
投票所から出てきた別の二人組のおばさまが
タクシーに乗る4人を見てポツリ。
「ああ、考えたねえ…」

 

負けんなよ政治家。