読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

48.<テレビの生中継>(シリーズ⑪)

5月のゴールデンウィーク明け。
「え?俺?テレビに映ってたんすか?」
博多どんたくの生中継に映っていたと
陽気な博多っ子が『光広』さんが興奮気味に言う。
「国道沿いで拍手しよったろうが(笑)!」
ありゃ?って
俺はもうテレビに釘付けになって見とったとばい!と光広さん。
「何時ぐらいですか?」
3時半ばい。
おとといの3時半に博多の国道沿いで拍手しよったろうが、
ほんでまたアンタ、
「…誰ね?あの横の女は」
なーんも俺に言うとらんやないね!と興奮冷めやらぬ光広さん。
隠しても逃げられんばい?
テレビの生中継が入ったとよ?
誰ね、あの横の可愛らしい女は、隅に置けんね~!
しかし。
博多どんたくを観に行ったこともない俺は
その時間帯は自宅で一人、ドラクエ6のゲーム中。
そうとも知らず、
他人の空似に振り回される哀れな59歳の博多っ子。
泳がすか…。
「誰ね?ねえ、あれ誰ね?」

 

明日まで泳がすか。