読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

51.<アフリカ人女性>

うだるような暑さの中、
あまり冷房の部屋でじっとしてるのも良くないと思い
朝からショッピングセンターの近くまで散歩。
すると前方に出勤途中なのか、
バッグを肩にワンピースを着た
小太りの「アフリカ人女性」を発見。
博多は今やアジア人だらけだが、
アフリカ系の人たちまで移住し始めてるとは露知らず。
しっかりと髪を結いキチンと化粧をし、
やけに肌の色に馴染んだ靴を履いてるなぁと思いきや、
「裸足じゃねえかオイ…!」
んっ?えっ?あれっ?
裸足を規制する法律はなかったんだっけ?と
政治経済を得意とする俺がこの程度の問題に大混乱。
頭のページをペラペラめくるが
「ないか…、いいのか…」
でもオバちゃん!ガラスの破片とか落ちてるぜ博多は。
ケニアじゃねえんだよここ、
ケニアの人か知らねえけど。
しかし間もなく女性は
裸足のまま広い国道の交差点にまで辿り着く。
いやだから、
コンゴじゃねえんだよ!

 

コンゴの人か知らねえけど。