新リトルボイス誕生

<文:シンガーソングライター/秀機(ひでき)>

62.<秘密のアイコンタクト>

地下鉄構内の出口から外に出て、
そのまま斜め後ろのビルに入ろうとしたら
ビルの隣の喫茶店から若い女性が出て来た。
俺はビルに入ろうとしていたのだが
女性の方は喫茶店から出てきた自分(女性)に
男(俺)が近づいてきたと判断した様子。
ということで俺の目の前で、突然女性が立ち止まる。
行く手を塞がれ、俺も立ち止まる。
「な、なんだ?」と(心で)。
「ど、どなたですか?」と(おそらく相手も心で)。
どうやら女性は男(俺)が知り合いでも
ナンパ目的でもないことを理解したようで再び歩き出そうとする。
しかしその時、女性に用のない俺はすでに
立ち止まる女性の進行方向の側を横切ろうとしている。
歩き出そうとする女性と思惑が一致し
またしてもぶつかりそうになり、お互い立ち止まる。
「もう、なんだよ!」と(心で)。
「アンタこそ目の前に来て何!」と(おそらく相手も心で)。
「ビルだよ!」と(視線で)。
「え?ビルなの!」と(相手も視線で)。
お互いビルを見上げ、
もう一度顔を見合わせる。
「このビルに入るんだよ」と(視線で)。 

 

「ああ、このビルね!」と(相手も視線で)。