読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

77.<大野城市での大騒ぎ>

思い立つままに
13年前に住んでいた福岡県大野城市雑餉隈町に行ってみる。
電車を降りて街を見渡すが
街を貫く大通り以外はほとんど記憶がない。
「そんなもんかな」
と思ったら俺の親知らずを抜いてくれた歯医者さんが見える。
利用していた郵便局もスーパーもそのまま。
徐々に記憶が戻ってきた。
「小児科の隣ですよ」と
以前、自分が住んでたマンションの場所を
大野城在住の知人に教えたが
その近くに小児科はないと言う。
住んでたマンションに向かうと
産婦人科の間違いだった。
歩き疲れたので休憩がてらイオンに入る。
なるほどSATYだったが知人の言う通りイオンになってる。
ベンチに座ってジュースを飲んでいると
ギターを抱えた二人組の女の子が隣に座って来た。
大野城に音楽スタジオなんかあったっけ?」
思い出そうとするが何も思い浮かばない。
あとで気が付いたのだが俺が音楽を始めたのは11年前。
大野城を出て博多に引っ越してからのこと。
にも拘らず5分間、
認知症じゃねえのか俺!

 

「あったか?え?あれ?」