80.<俺を怒らせると…>

時計を見るともう1時間も経過している。
「呼ばれるまでお待ち下さい」と言われて
ようやく呼ばれたのが11時05分。
10時00分に来訪した納税者を
65分間も平気で待たせる福岡の某役所。
待たせてすみませんの一言もねえのかよと思いながら
常識はずれな税金泥棒の前にドスン!と座る。
「まず、こちらに日付の記入お願いしま~す」
能天気な職員のオッサンがニヤケ顔で話してきたので
無言のままとんでもなく汚い字で9月20日と記入。
一瞬にして職員の表情が曇る。
空気を察したのか、
俺の機嫌をうかがうように
そ、外は暑かったでしょう…と話を振ってくる。
しかし一切クチは開かない。
職員の表情が徐々に青ざめる。
本題に入り質問が始まるが、
ここからはいよいよミクロの小声で仕返し。
…(1分経過)「え?えっ?なんですか?」
「博多の?博多のどこですか?駅?」(2分経過)
(3分経過)「駅でよろしいですか?えっ?」
「あっ、駅前ですか?」(4分経過)…
俺を怒らせるとこうなる。

 

「えっ?」