新リトルボイス誕生

<文:シンガーソングライター/秀機(ひでき)>

97.<イングリッシュ爺さん>

周りを見渡すと何人かキレている。
「No,No!How match?」
それもそのはず、黒縁メガネをかけた
ズングリとした日本人の爺さんが
50代ほどの外国人男性と
拡声器のような声で英語を喋っている。
この爺さん、隣の女房にいちいち
「今聞いたらね、あの温泉500円だって」
訳す。
女房に訳してあげる声と
外人と話す声の大きさがとんでもなく違うところを見ると
どうやら爺さん、ここぞとばかりに英語が喋れる自分を
周囲にアピールしている。
それもまた電車の中で。
「家の中でアピールしろよ」
乗客の中にはイヤホンを付けている人もいるが、
スマホを見たり、
軽く目を閉じてるだけの人も多い。
みんなが憂鬱な朝の電車に揺られる中、
「Yes.Yes!How match?」
爺さん一人がずっとうるせえ。
見ると爺さんの向かい側の席に座る主婦が
さっきから爺さんを睨んでいる。
「What?」
ホワッツじゃねえよ爺さん、
正面見ろよ、そのお母さんキレてるだろ。
「How match?」

 

カネねーんかお前。