新リトルボイス誕生

<文:シンガーソングライター/秀機(ひでき)>

98.<芸能人と一般人のズレ>

人間なんてそんな完璧じゃない。
「どうしてこんなに清楚なんだろう」
「どうしてここまでマジメなんだろう」
きらびやかに輝く芸能人の魅惑にとりつかれ
一般人はいつの時代も芸能人の背中を追う。
しかしsns時代に入った今では
不倫や不適切な発言等、
人間の素性などすぐにバレてしまい
「なーんだ、錯覚か」
「隠されてただけじゃん」
潮が引くように一般人の芸能人に対する興味も
一気に引いていく。
トラブルを起こすとスポンサーのイメージに響くため
芸能人は番組を降ろされる。
「私は過ちを犯しました」と反省し、
関係者やスポンサーに頭を下げて回り
なんとかして芸能界への復帰を模索する。
そして芸能人仲間が一人、また一人と
「楽屋で泣いてるのを見た」
「そんなに悪い奴じゃなくてさ」
時期を見て擁護に動くわけだが……。
ここに一般人とのズレがある。
人は結局のところ「存在価値」を見ている。
見る価値、聴く価値、

 

生かす価値。