新リトルボイス誕生

<文:シンガーソングライター/秀機(ひでき)>

100.警察署内の侵入者

盗難届を出していた自転車が見つかりました、
との連絡を受け、すぐさま福岡中央警察署へ。
落とし物の受付は1階だが、
盗難の自転車は事件扱いになっているため
呼び出された5階までエレベーターで移動。
2階、4階とドアが開く度にビックリ。
警察署内というのは2階から上は
まるで30年前の建物のまま。
「税金まわってねえのかな?」
ガムテープで止められただけの壁の穴を尻目に
5階のどの部屋だろう?と廊下をウロウロしていると、
すれ違う若い警察官が
「おはようございます!」。
どうやら俺を内偵捜査に向かう刑事と勘違いしているようで
自動販売機の前で雑談する警察官たちも
「あ、おはようございます」
「おはようございまーす!」
このままじゃ何かで立件されそうに思えたので
ドアの開いてる部屋に適当に飛び込み
「あの、自転車の盗難届の件で…」と言おうとしたのだが
緊張から言葉が上手く出てこない。
あっ、え~、あの…と口ごもっていると
デスクワーク中の警官が「おはようございます!」。

 

違う!違うのよ。